とある古物商にて、書類選考をクリアしました。その後担当者から面接の日時を指定してもらいました。

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格しました。そ・・

  • とある古物商の求人にて、書類選考をパスしました。2、3日して相手方から面接の日時を指定してもらいました。当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、なぜか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待って、所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、始終けだるい表情を見せ、なんとか面接は終わりました。しかし、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、気になったので、自ら問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着で仕方なくもう一度電話した結果、なんと、「今回は見送らせてもらいました」と一方的に電話を切られてしまいました。私は呆れ返ってしまい、しばらく絶句してしまったのですが、正直、採用されなくてよかったです。
  • これまで20代前半に転職を数回経験して、現在は資格を取得したいので…

  • 20代前半までに転職2回で、今現在は資格を手に入れたいので「派遣社員」を選択しました。フルタイムの勤務ではないのでやはり手取りが以前よりも少なくなりました。以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、仕事を続けるという方は本当に稀です。資格を活かして働いている方と話すとなんだか羨ましく見えたりもします。前は、成功している人と自分との違いに何度か劣等感を感じることもありました。しかし今では、結婚を契機に生活自体がかなり変わり、以前よりも明確にやりたいことを見つけたので自ずと生活が充実するようになりました。
  • 派遣として働いています。派遣法とかの関係で不本意で・・

  • 派遣で働いています。派遣法や労働契約法のおかげで残念ながら長く働いた就業先での仕事を終わらせなければなりません。派遣仲間の中には、派遣先から正規社員の待遇を得た方もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけ仕事の能力というよりは派遣先上司の扱いが得意な方でそれが採用の決め手となった感じ。仕事ができるかどうかよりもおじさん転がしの能力が必要なのだろうと他の派遣の仲間と派遣先の会社で毎日不満をたれています。
  • 就職エージェントの大手に限って、いろんな案件があるという長所があります・・

  • 大きな転職エージェントほど、潤沢な案件を扱っているという強みがあるといえますが、しかし、同時に転職を希望する競合者も多い可能性が高いです。それがためにあなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフが「転職の望みが薄い」と判断すると応募してもらえないこともありますし、企業から見て自分よりも有能な人がいると、その人を優先したりもするのです。要するに大手エージェントの場合は、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており案外応募できないので、策略を変更して少し規模の小さなエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できませんか?と話しをすると転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。