仕事のために回復が難しいほど精神的なダメージが増・・

薬剤師転職|仕事をするにあたり、精神的な負担がかなり増え、会社を変えなければという気持ちになったな…

会社が原因で回復が難しいほど心的な負担がかなり増え、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、会社(の関係者)と相談をするより家族と相談し、退職するかどうか判断した方が良いです。なぜなら、仕事をするということは当事者であるあなた自身ですが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どんなに高給をもらっていたとしても、メンタル面がダメージを負ってしまうまで我慢して仕事を続けることは好ましくありません。現在では、金銭的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先する生き方も認められつつあります。あなた自身の身内や、あなた自身の心身をいたわりましょう。

今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」…

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティング会社も増えてきました。あなたに特許を出した経験があるなら、連絡が来る可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人に限らず、研究開発で論文を書いた経験がある人や、メディアで取り上げられた人など、「功績」を残した人物をターゲットに、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングするネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと推測されることを言われたときには、そうなったきっかけを考えてみてください。めったにないことですが、ヘッドハンティング名目で「登録料」を要求しようとする業作がいますが、その手の業者は完全なイカサマであるので気を付けましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が負担するものではありません。

薬剤師転職|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」といった新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀による「金融政策」と相まって、財界や企業間においても新時代となる社会的な変化が具現化されてきています。その変化が加わり、一般の企業では労働人口減による「働き手が足りないこと」がとても大きな社会問題となっています。将来、外国人の労働者も現状以上に高めていくであると現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした変化のなかで日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

全く経験したことのない業界とかに転身するときには、自分が前の業…

全く経験のない業種などに転業する際には、前の会社で養われた力やこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の訴えが必要です。未経験の分野の場合、未経験の分だけその業界で経験してきた人たちよりも正直、不足することはありますが、自分自身が保持している能力がそのジャンルでも生かすことができるということを相手に話せれば、戦うことができることも多くあります。そのような訳で、未経験の業界に飛び込む場合は、その業種とこれまで自分が働いてきた職務との関連を必ず見付けましょう。