仕事の面接でいるスーツのカラーについては、新卒の学生が就職活動の・・

転職時の面接で着るスーツの色味については、新卒の人たちが就職活動の…

転職時の面接で着るスーツの色合いは、新卒の方が就活の際にに身に付ける色が一般的となっています。ということは、紺系や黒系などのような落ち着いた色になるわけです。転職の場面においても、着用していくスーツの色はこういったような暗い感じのカラーが圧倒的な数を占めていて、他のカラーを着ている転職者はほとんど見かけることはありません。あえて言えば、グレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、全体的には黒や紺色がほとんどなので、面接を行う人事担当の方からもそういった色が違和感なく見えますから、第一印象という面ではおすすめということになります。

薬剤師転職|求人情報には大部分の場合は普通の職場では月の給料の記載に目が行きますよね。

求人情報にはとうぜん普通の企業では月の収入の記載に目が行きますよね。しかしこの月収の項目を見る時には、額の多い少ないだけ見て判断しないようにしましょう。何故かというと会社によっては、月収のなかに「毎月30時間の残業」を含んでいるかもしれません。残業代をあえて含めることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられます。さらに基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあります。だから、そういった「不誠実」極まりない案件は、興味を持たないほうが賢明です。

薬剤師転職|転職したい会社の採用面接に希望先の会社へ向かいました。

転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ伺ったときのことです。偶然その会社の会議室や応接室が空きがないということで外部の場所で会社の人と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散し、面接を行った方もそのまま自宅に直接帰るとのことでしたが、奇遇にも下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車の中でもずっとお話しながらいっしょに帰宅することとなり、すっかり緊張が解けて面接よりお話が弾んで、それがプラスになったのか問題なく採用も掴むことができました。

転職をする場合、「Uターン」「Iターン」など、都市部から地方に引っ越したうえで再就職した…

もしもあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」といった形で、都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考える人も多いです。この頃は転職サイトを見れば、郊外や地方での求人情報にも手軽にアクセスできます。けれども、郊外や地方での求人については、大都会ような選択肢がないのが難点でもあります。ですから、求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもマメに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。