仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。

私は以前かなり何個かの人材紹介会社に登録していました。

求職中のころ何個かの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質が本当にまちまちでほぼ物足りない担当者ばかり。私にとってはかなり重要なことなのにもっと熱心にに臨んでほしいという気持ちが積もって、それがきっかけで自分自身がキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得できるまでには費用もいりましたし勉強に関してもかなり大変ではありますが、求職中の人からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

昔は看護婦ですが看護師は、やっぱり女性の割合がかなり・・

以前は看護婦と呼ばれていた看護師というのは務めとしてやっぱり女性のすごく多い職場です。知られていると思いますが気力あるいは体力の消耗がきついことが日常茶飯事です。したがって人間関係がうまくいかなかったり、自身の結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい仕事です。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を替える人がとても多いというのも事実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態に変わらず継続しています。つねに各医療機関は、看護師を欲する「売り手市場」な状態で、それが転職希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

これまで私は、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」で探していました。

これまでの私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、やはり都心部にある会社の求人情報が多いからです。このため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人よりいくらか知名度は低くなってしまいますが、地域密着型なため、都会以外での転職には役立ちます。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」というイメージがある人が少なくはないでしょう。ですが、良い求人情報も載ってたりもするので、そろそろ今の会社を辞めて転職したいのならば、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。人気の転職サイトのような多くの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

安定的な人生を手に入れるべく正規の社員を目指している…

より安定した暮らしを求めて正規の雇用社員として働くことを意識している人が相当数います。しかし、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、中々正規雇用がうまくいかないこともあるでしょう。非正社員の求人募集を見たとしても、正社員の求人情報以外を見ないでチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。なかなか、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中には成果次第で2,3年で正規雇用にステップアップできることもあるからです。面接を受ける際に、「正社員登用」の機会の有無を質問しておくと今後の役に立ちます。