先日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

数日前転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に足を運びました。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材会社へと登録に行きました。そこで登録カウンセリングの時に出てきた担当の方が見た感じ新入社員じゃないかと思う人で、こちらが説明している話の半分も彼は理解できてないようでした。それにもかかわらず「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「きちんと自分の強みを考えることが必要です」等、知ったかぶりに横柄に言うので大変不快でした。カウンセリングを担当させるのはそれなりにカウンセリングの経験がある人にしてほしいものです。

薬剤師転職|転職する場合、準備は必要不可欠です。

再就職にあたって準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は気になるところだと思います。ただ、現在の面接に関しては、私服が良い企業もあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に向かわなくてもいいでしょう。とくに会社の創立して間もない会社などは、フレクシブルな考えなので私服で行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに会話が出来るのも魅力です。さらに私服であれば、面接中に、洋服について、盛り上がる可能性もあります。ですから、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、今後、転職する際は、企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

転職することが、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

もし転職前、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ると状況が一変するおそれがあります。働く環境によって意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。それだけでなく、残業時間を増やされることもあるので、軽率に転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。そのようなトラブルを避けるために、今所属している職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうすれば、良い空気のまま晴れやかに会社を辞めることができます。しかも、円満退職となったなら、転職後に、困った際には相談できるチャンスも手に入るはずです。規模などに関係なく、何処の会社も人とのつながりが重視されるので、仕事を辞める時のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしてほし・・

転職で、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてほしい箇所がいくつかあります。まずはじめに派遣というと、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をといったものをイメージされることがおそらく少なくないでしょう。はじめは私自身もそう思ってました。今、勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには電話応対と聞いていました。説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、いざ業務に掛かると、まさか「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を要求されました。特別な知識もなく、求人表だけでは、毎日全くわからないような内容でしたので、今はただひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。