先週転職のために人材紹介会社へ登録に出向きました。

薬剤師転職|転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に出向きました。

先週新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。登録カウンセリングの時に現れた担当の方が見たところ経験不足の社員のようで、私が説明していることの半分ほども彼は理解ができていない模様。しかも「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておく必要があります」等、わかったように横柄にのたまうのでとっても不愉快でした。カウンセラーはそれなりに仕事を経験している方にするべきだと思います。

薬剤師転職|転職活動では、然るべき準備はやらなくてはいけません。

再就職にあたって準備は必須です。その中でも「ファッション」を気にしている人は多いはずです。ですが、ここ最近の、採用面接については形式ばらない服装が多い企業があるので、ガッチリとスーツで決めて面接に向かわなくてもいいでしょう。会社の創立したての新規の会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに会話が出来るのも魅力です。そうして、私服だと面接中に、洋服の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ですので、今から転職にトライするなら「創立した年」で選択し、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

薬剤師転職|もし再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

転職することが、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の状況が一変するかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽率に転職のことを周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるために、今現在の職場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすることで、良い空気のまま最高の形で仕事を辞めることが出来ます。さらに、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後であっても、あなたが何かあったときに相談できるチャンスにも恵まれるでしょう。業種などに関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりは大切であるため、辞める時のトラブルは、できるだけ回避してください。

薬剤師転職|転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に覚えていただき…

転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意してほしいポイントがいくつかあります。なんとなく派遣というと、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような仕事内容をなんとなく考える方がおそらく多いとは思います。はじめは私自身もそのように思っていました。現在働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに電話応対と聞いていました。派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし、業務に掛かると、「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを頼まれました。とくに何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明とは全く違うので日々全くわからないような内容でしたので、とりあえず、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。