先週転職先を見つけるために人材会社へと登録に行きました。

一昨日転職先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。

仕事を探すために人材会社へ登録に行きました。そのとき私のカウンセリングのために出てきた担当の人の雰囲気が見たところ新入社員のようで、私の説明の半分ほどもわかってはいない感じです!そのくせ「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが必要でしょう」等、一人前の話を横柄にしゃべるからとてもイラつきました。カウンセリングを担当させるのは多少はカウンセリングの経験がある社員にするべきだと思います。

再就職をスムーズに行いたい場合、それなりに準備をしなくてはなりません。

転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見える「ファッション」は気になりますよね。ところが、今の採用面接では私服が良い会社もあるので、ガッチリとビジネススーツで決めて面接に臨まなくても良いでしょう。とくに会社の創立してすぐの企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。さらに、ざっくばらんに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服を見せるたことで面接の間に、ファッションについて、話もしやすいです。ですから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。今から転職する際は、企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

転職する前には、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと…

もしも転職することが、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気がガラリと変わるかもしれません。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。さらには、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽々しく「転職します」と口にするのは考えものです。なので、上記のような状態を回避するため、今所属している職場では、真面目な態度でいましょう。そうすることで、良い空気をギリギリまで維持したまま、最高の形で仕事を辞められます。しかも、何の問題もなく円満退職となったなら、退職後であっても、困った際には相談できる機会も出来ます。業種などに関係なく、どこの企業も人とのつながりは大切なので、仕事を辞める時のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意してほし…

転職で、派遣社員」で考えている人に注意してもらいたいポイントが複数あります。一般的に派遣に関しては、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」といった仕事をなんとなくイメージする方がおそらく多々ありますよね。私自身もそのように思っていました。今の会社に入るまでは「担当する業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、入社したとたん、「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、当初の説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。とりあえず、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。