再就職で面接で高確率で追求されることが前に働いていた会社を辞職し・・

転職をする場合で絶対といっていいほど質問されるのが以前勤務していたところを辞め・・

  • 再就職をする際で決まり文句のように質問されるのが前職を辞めた理由なわけですが、このような質問に答える場合には前職を話の中心にしないほうがベストです。辞めた経緯を的に絞り話が進むと必然的に悪い面を取り込んだ内容になってしまいますから。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の職場を辞めたのかという事をこの職場にぜひとも入社したかった理由があるといった話題に向けていくということで、自己アピールもかねて入りたい会社の方に話の方向を向けていくべきなのです。転職理由でも、そのような内容ならば、好印象を与えることができる辞職の理由にすることができます。

  • 自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は要注意です。

  • 趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、もともと食べることが本当に好きでそれが高じて、前に、飲食の世界に勤めていた時期がありました。そのお店での仕事内容は、そのお店で任されていた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。けれども、職場の人間関係に悩まされました。ということが原因で、退職したのですが、同時に、食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物すら苦手になり、似たような飲食店には今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと願い、それを実現させることは素敵なことです。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、真剣に判断する必要があります。

  • 生まれてはじめて転職を行うのであれば、心がけるべきことは…

  • 生まれてはじめて転職を行うのであれば、心がけるべきことはどうして現在の仕事を辞めなければいけないのかをはっきりしておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが無難でしょう。その上で問題を解決してくれそうな会社を決めていくのです。転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、働きながら就職活動を行っていくので、時間と体力が必要です。ゆえに明確な理由が頭にない状態で転職しようとすると途中で息切れしてしまう危険があります。どうしても転職したい、現状を変えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動をスタートするのはしないほうが良いでしょう。

  • 薬剤師転職|転職を行うにあたり、現在勤務している会社を辞める時・・

  • 転職に先立って今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしもあなたのほうから退職願を提出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険はすぐに受け取れません。手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経ないといけないのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると誤解している人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、手続きに不手際があると勘違いしてそれが原因でハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。加えて、社員側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けてすぐに失業保険をもらえます。