再就職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を差し出された場・・

再就職の面接などの場面で名刺を差し出してきた場合、自分も相手の方に名…

  • 再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡されとしたら、こちら側も名刺を相手に渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に悩んだ際は、たいがいは渡す必要はないと知っておくと良いですね。面接は仕事の一部ではなく、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、ほとんどの場合は名刺をやりとりする場ではないのです。さらに、あなたは立場上会社の人としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。という事で、もしも相手側から名刺を渡されても、こちら側は名刺を受け取るだけで問題なくて、相手にあげる必要性は少しもないと考えます。

  • 就職活動において、年収はとても大事な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変大事なポイントです。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで現実の年収より多く言って、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、たとえ一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず後からバレてしまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性はまずあり得ません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、すぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

  • 新しい転職先で、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

  • 仕事を始めてすぐはすぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、転職1年目の段階では、おおむね「研修期間」を含んでいるというのが可能性は少なくありません。私自身の新たな仕事に就いたときは、やっと手に入った職場なのに、なんと年収が前職での稼ぎとあまりイコールということがありました。加えて、仕事はとてもキツく、たいへん責任も重大だったために、1年目を乗り越えるのに非常に苦労しました。ではどうすればいいのでしょうか。それは、初年度は、勉強に充てる年と捉えておき、できれば転職前の段階で貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 転職の際に必須となる会社での採用面接での勘違いしている人が多いのです…

  • 転職候補となる採用面接では、勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまり度を超えた猫かぶりしていると、はっきり言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接の際は「報酬」といったような、普通なら触れにくい内容を思い切って率直に質問しておいた方が、最終的に間違いなく自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経な質問をすると、面接で不採用になるのではないか」と危惧するかもしれませんが、けれど、意外なことに、好印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いといいます。こういった労働環境やお金に関する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、多数の人が気を遣いモジモジして質問できません。それを勇気を出し一歩踏み込めば「正直な人だな」と面接官に印象づけられるのです。