再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された時、…

転職での面接などの時に面接担当者に名刺を手渡されたら、…

再就職の時の面接などの際に名刺を渡された時、こちらとしても名刺を相手側に渡した方が良いのかどうかと対応の仕方に迷った際は、たいていは差し出す必要のないもの、と知っておいてください。面接に関して言えば仕事の内ではなくて、仕事を得るための採用活動の一部なので、普通に考えれば名刺をやりとりする時とは違います。それに、あなたは立場上会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。それゆえに、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしては受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手に渡す義務は少しもないと推測できるのです。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。面接の際、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。このとき現実の年収を多く偽って、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収を設定することです。例をあげれば、今の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、せっかく入社したのにその後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

転職しようと思うなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい転職先で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。入社して1年目は「試用期間」が含まれているというのがケースが少なくありません。私の転職して新たな仕事をした時は、どうにかして転職したというのに、なんと前いた会社での年収と見たところ同額ということがありました。しかも業務は多様で忙しく、立場上責任を伴い、はじめの1年は、厳しかったです。そういった経緯から初年度は、仕事を覚える期間と割り切り、可能ならば転職以前の段階でお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

転職の際に欠かせない面接でのやめておいたほうがよいの・・

転職の際に必須となる面接では、やめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり露骨なまでの猫をかぶることです。するとそれがそのまま採用を逃してしまいます。そうなる前にその場を繕うのではなく面接の際は「報酬」など、普通はかなり聞きづらいことも思い切って率直に訊いておくと、あなたのためにもなります。実際には「面接の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終的に落とされてしまうのでは?」と危惧するかもしれません。だけども良い結果をもたらすことは結果的には少なくないようです。これらのお金・労働環境に関する内容は、多くの人が知りたいと思っています。ですが、面接応募者の多くは、モジモジして質問できません。しかし、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「ほかの人とは違うな」と思わせることができます。