再就職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を手渡してきた場・・

薬剤師転職|再就職の時の面接などの際にもし名刺を渡された場合、あなたも名刺を相・・

  • 転職における面接などに関して名刺を差し出してきた場合、あなたも同様に名刺を渡すべきかどうかと対応の仕方に迷った際は、ほとんどの場合は差し出すことはないと頭に入れておきましょう。面接においては仕事の一環ではなく、就職活動の一環なわけですから、大体の場合は名刺を交換する場ではありません。重ねて、あなたは会社の人として出向いているのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。それゆえ、もし相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうはもらうだけで大丈夫で、相手にあげることは少しもないと推測できるのです。

  • 薬剤師転職|就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。

  • 転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。面接の際、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこでウソがバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正直に伝え、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。今の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性は通常あり得ません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのにすぐに退職せざるを得なくなることを招きかねません。

  • 転職の意思があるのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職を考えているのなら「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、転職したはじめの年度は、大体研修期間が含まれることもあります。自らのケースでは、労力を費やして転職したのに、悲しいことに前の職場での年間報酬とあんまり同額でした。そればかりでなく、業務内容はきつくかなり責任のあるもので、初年度は厳しかったです。そういった実体験から、転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、出来る限り転職以前の段階でお金をためておくことに尽きると思います。

  • 転職活動中の面接では、多数のひとが思い違いをしているのですが…

  • 転職のための採用面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと無理に猫をかぶることは予想に反して不採用に直結してしまいます。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「有給取得率」など、普通であればちょっと聞きにくいことも思い切って率直に尋ねておいた方が、間違いなく自身のためになります。信じがたいかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねることで選考結果に響くのではないか」と不安がるかもしれません。ところが、意外なことに、良い印象を持ってもらえる可能性が高いのです。これらのことはお金・労働環境に関する内容は、多くの人が気になっています。しかし、不採用を恐れるあまり、モジモジして質問できません。そこで、あえて尋ねておくことで「勇気のある人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。