再就職をする際でかなり高い確率で投げかけられるのは辞職…

薬剤師転職|転職の面接で必ず質問されるのが会社を退職した原因についてです・・

転職をする際に面接でかなり高確率で追求されることが前に働いていた会社を退職した原因です。この質問に回答する際には前職にスポットを当てない方が安心です。退職理由に焦点を当てると言うまでもなく悪い印象を与える要素を取り込んだ話になってしまいますから。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして前の会社を退職したのかという事をこの会社になにがなんでも入りたいという考えがあったからといった感じにしたら良いということで、自己アピールもかねて今、自分が入社したい会社に話の方向をもっていくべきなのです。そういう内容ならば、マイナス面を消し良い印象を与えることができる前職を辞めた理由にすることができます。

趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。

自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが好きだったのですが、前に、料理店(レストラン)で働いていた時期があります。そのレストランでの業務は、そのお店で担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しかったのですが、職場の人間関係ですごく嫌になってしまいました。そのことが理由で、退職する羽目になりましたが、その影響からか、あんなに好きだった食べることやそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物すら嫌になり、似たような飲食店には避けるようになりました。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。大好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは悪いことではありません。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、もう一度向き合う必要があります。

人生で初めて転職をするのであれば、注意しなければいけないのは…

最初に転職を行う際、頭に入れておくべきなのはどうして今の仕事を辞めなければいけないのかを明確化しておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが賢明でしょう。その上で問題を解決できるであろう会社を決めるのです。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を継続しながら就職活動をしていく必要があるため、時間と体力がなければやっていけません。だからこそハッキリした理由がないまま転職をしようとしたら、途中で息切れしてしまう可能性もあります。何とか転職したい、現状を変えたいという強固な気持ちがなければ、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが無難です。

転職する際、現在働いている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが・・

転職するにあたって、現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしも自分の都合により退職届を書いて退社する、いわゆる自己都合退職のケースでは直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認定されてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。なので、会社を辞めた翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を勘違いしてハローワーク側に落ち度があると言い張ってハローワークの職員さんと大声でやりあっているのを見たことがあります。ですが、退職者の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業が認定されればすぐさま失業保険を受け取ることができます。