古来より「石の上にも三年」という諺がありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとと…

薬剤師転職|古来より日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という諺がありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。ですが、当たり前に転職が可能だと思い込み簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。再就職しようと考えるなら、適した時期を捉える必要があります。基本として、今やっている職場、仕事、会社に対してなにが嫌なのか、5~10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうすることで、将来の転職活動に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、決断を遅らせることなく、より良い仕事を手に入れるべくがんばりましょう。

  • 転職したい会社で会社見学しておけば、すごく参考になります。

  • 転職したい会社での見学に参加するとたいへん参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、技術を必要とされる業種なら、職人技を間近で見られて楽しくなります。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほとんどの場合、普段通りの仕事現場を見せてくれることは少ないです。その傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社しないと、本当の姿はわからないものです。そのため、仕事=見学で知った内容と思わないことがとても賢明です。また、見学時に仕事体験ができる会社は、問題があるので注意しておいた方が良いです。入社していない人には何かトラブルが発生しても、保証などありません。仮に、勧められたとしても角が立たないように断っておくようにしましょう。

  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、転職した経験があります。

  • 新卒採用で入社しましたが、悩んだ結果、転職すると決意しました。実際に退職する前後は、しばらく不安で辛い時期もありました。数年で会社を辞めて、多数の人が転職をしていることを自身の転職活動中に思い知らされ、自然と将来の不安が解消していきました。なにより1回転職したことでなんというか、前向きに物事を考えるようになって、「自分のやりたいこと」を考えるのが喜びになっていきました。なかには「続けてこその仕事」といったような転職を好ましく思わない意見もありますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私の人生においては転職してみるも大事だと思いました。

  • 薬剤師転職|『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が強いのであれ…

  • 『転職したい!』と思っている人でその意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。このときに相談といった形で話を持ちかけると、もしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際に私もそういった経験があり、話がこじれて結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞職することを最初、直属の上司に相談したのが年度末で、実際では数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。本音は仕事が一段落した年度末を退職のタイミングと考えていたのに、希望通りには進みませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがに前の職場に対して呆れてしまいました。