古来より日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

古来より日本には”石の上にも3年”という諺もありますが…

  • 日本には古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは決して珍しいものでなくなっています。とはいえ、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。再就職を検討する際は、大切なのは適した時期を見逃さないということです。まず第一に、今やっている職場、仕事について具体的に、嫌だと感じいているポイントを、およそ10個、紙にリストアップしてみましょう。この作業が、再就職に役立ちます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、できるだけ早急に今よりも良い仕事ができるよう、努力することも大切です。

    薬剤師転職|転職したいと考えている会社で見学などがあれば、かなり参考になります。

  • 転職候補に挙がっている会社の見学ができれば、たいへん勉強になります。とくに、職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られるので楽しくもなります。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学ではほとんど見学者には、通常通りの仕事風景とは違っているものです。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。この業種では、癖の強い人が多いので働きだしてからでないと、本来の姿はみえません。そのため、会社見学で見たものをすべてだと思わないことが大切です。加えて、会社見学時に仕事体験ができる会社は倫理的にアウトですから気をつけましょう。入社していない人にはトラブルが発生しても保障がないので、仕事体験ができる、と言われても丁重に断っておくようにしましょう。

    新卒で入社した会社に別れを告げ、転職すると決意しました。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして思い切って転職しました。実際に転職する前後は、毎日不安で辛い時期もありました。でも、会社を数年で辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを転職活動中に理解し、自然と悩みが消えて、気持ちが楽になりました。また1度、転職したことでなにか肩の荷が下りる気持ちになり、「自分のやりたいこと」を考えるのが毎日が楽しくなりました。なかには「辞めることが悪」といった考えの方も、もちろんいますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

    『転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が強いのであれ・・

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたい旨をはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、実際では数ヶ月働くことになり、退職が受理されたのが同年の11月です。予定では、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったです。スムーズに退職できませんでした。職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを希望を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでその会社に対しての心の底から愛想が尽きました。