古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

薬剤師転職|”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、昨今、…

”石の上にも3年”という諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。そうではあるものの、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に再就職するつもりなら、まずは適した時期を図る必要があります。とりあえず、今現在の職場、自分の置かれている立場などについて、不満に思う点を5~10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。其れによって転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、未来の展望が拓けたのなら、手早く、今よりも良い仕事ができるよう、がんばりましょう。

転職したいと考えている会社での見学に参加するとすごく参考になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあれば、非常に参考になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、スキルを間近で見られるので楽しいものです。が、「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、普段の現場を見せることが少ないです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社した後でないと、実際の姿はわかりません。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは決めつけないことが賢明です。それに加えて、見学の時に実際に仕事体験できる会社は問題がありますから正直言って、良い会社とは言えません。正規雇用が結ばれていない場合、万が一トラブルが発生しても保証が一切ないので、担当者から勧められても丁重に断りましょう。

新卒で入社した会社を離れ、転職すると決意しました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、転職を決断しました。退職したときは、しばらくの間不安な日々もありました。しかし、社会人になって数年後には仕事を辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを転職活動をしていく中で気づき、いつの間にか不安な気持ちが消え、楽になりました。なにより転職をしたことでなんというか、体が軽くなり、自分のしたい仕事を見つけることが喜びになっていきました。やはり「続けてこその仕事」というような考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私の場合は間違ってなかった、と思っています。

薬剤師転職|『転職をしたい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるなら、…

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれて退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたいということをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、退職届けを出せたのは同年の11月です。本当は、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったのに、思うようにはいきませんでした。やはり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでさすがに前の職場に対して呆れてしまいました。