昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

薬剤師転職|昔から日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、…

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という教えがあります。昨今、「終身雇用制度」は衰退してきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。しかし、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。再就職しようと考えるなら、適した時期というのも有るでしょう。その基本として、今やっている職場、仕事内容について、嫌な点を10個前後、紙に書き出してみましょうこの作業が、転職を決断することです、そして、おおまかな進路が見いだせたら、行動を早めに取り、今より良い仕事ができるように努力していきましょう。

  • 転職したい会社で見学しておけば、たいへん勉強になります。

  • 転職先で見学などがあるとすごく勉強になります。また、「職人」のいる会社なら、スキルを近い距離で見られるので楽しめます。が、「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、通常通りの仕事現場を見せてくれることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社後でなければ、実際の姿は伺えないものです。ですから、仕事=見学で知った内容と決めつけないことがとても賢明です。ましてや、会社見学時に実際に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから正直言って、言語道断といえます。入社していない段階ではもしトラブルが発生しても保証など一切ありません。仮に、勧められても角が立たないように断るとこが大切です。

  • 新卒で入社した会社を退職し、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして思い切って転職しました。退職したときは、長い間ちゃんと転職できるか不安でした。でも、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用として働いている人が大半であると転職活動中に理解し、無意識のうちに将来への不安が消えました。なにより1回転職したことでなんだか気持ちが前向きになっていき、「自分のやりたいこと」を探すのが毎日が見違えるように変化しました。いまだに「続けてこその仕事」といった転職に対してマイナスな意見もありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私の人生においては転職を決断して良かったです。

  • 薬剤師転職|『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が本当に強いものであるな・・

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、退職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。そのときに曖昧な表現をしていると、状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、ズルズルと長引き結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職したいことをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。本来なら、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなりなんだか困ってしまいました。