昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがあります・・

日本には”石の上にも3年”という教訓があります。現在、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」が決して珍しいものでなくなっています。とはいうものの、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職しようと考える場合、まずは適した時期を図る必要があります。必ずや現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、不満に思う点を10個前後、紙にリストアップしてみましょう。其れによって再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、先るだけ迅速に、今より良い職を手に入れるべく努力することも大切です。

転職したいと考えている会社で見学しておけば、すごく参考になります。

転職候補に挙がっている会社の見学ができれば、たいへん勉強になります。とくに、技術を必要とされる業種なら、スキルを近くで見られるため、楽しめます。ですが、「職人」がいる会社見学ではゼッタイに見学者には、いつもの仕事現場を見せてくれることはまずありません。例を挙げるとブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に入社するまで、本来の姿は伺えません。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と思わないことが重要なのです。また、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は倫理的にアウトですから気を付けるべきです。入社していない人には仮にトラブルが発生しても保証は一切ありません。仕事体験を勧められても丁寧に断りましょう。

薬剤師転職|新卒で入社した会社を退職し、転職することについて会社を辞めて転職活動するとき・・

新卒で入社した会社に別れを告げ、心を改めて転職を決意しました。会社を辞めた後は、毎日不安な日々もありました。でも、会社を数年で辞めて、大半の人が転職を経験していることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、いつの間にか将来への不安が消えました。転職をするとなにか体が軽くなったようで、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに日々が明るくなりました。やはり「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といった転職に否定的な意見もありますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私は否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば、辞職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際にわたしが転職をすると話した時には話がこじれて結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職することを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。本当ならは年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りにはいきませんでした。やはり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員の意見を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、その会社に対してのガッカリしました。