昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

薬剤師転職|古来より”石の上にも3年”という諺もありますが、現在の社会で…

昔から「石の上にも三年」というコトワザがありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、とても身近なものになってきました。ですが、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職したいなら、タイミングを図る必要があります。まず第一に、現在の職場・や仕事内容について、嫌だと思う点を、10個、少なくても最低5個は紙に書き出してみましょうこうすることによって、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、尻込みせず、より良い仕事ができるように頑張ってみましょう。

薬剤師転職|転職したい会社で会社見学などがあるとかなり参考になります。

転職候補に挙がっている会社の会社見学ができれば、すごく参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られて楽しみです。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、普段の働き方を見せてはくれないものです。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。このジャンルでは、癖の強い人が多いので実際に入社してみないと、本来の姿はみえません。なので、会社見学で見たものをすべてだと思わないことが無難です。また、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはオススメできません。正規雇用が結ばれていない場合、何かあった時の保証も一切ないので、万が一、勧められても角が立たないように断るようにしましょう。

薬剤師転職|新卒採用で入った会社を辞めて、思い切って転職しました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、転職することになりました。会社を退職したときは、とても将来のことを考え不安になりました。でも、社会人になって数年後には仕事を辞めて、多数の人が転職をしていることを自らの転職活動で気づき、自然と将来への不安が消えました。なにより転職をするとなんというか、肩の荷が下りたような感覚になり、「自分の好きなこと」を考えることが前向きに過ごせるようになりました。いまだに「一通り経験してから」といったような考えの方も、もちろんいますが、私自身、転職をやって良かったと思っています。

『転職したい!』と考えていて、その意志が強いのであれば…

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜならばそのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。はじめて直属の上司に相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。本当は、区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、大変驚きました。職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり以前にも増してガッカリしました。