昨日人材紹介会社へと登録に出向きました。

薬剤師転職|一昨日新しい仕事先を探すために人材会社へと登録に行きました。

一昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に出向きました。そこでカウンセリングを行うために出てきた担当者が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明をしていることの3割も彼はわかってはいない模様だったのです。そのうえ「キャリアデザインが物足りないですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化する必要があります」とか、専門家のように偉そうにしゃべるので非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはいくらか社会人を経験している人にするべきだと思います。

薬剤師転職|転職活動する場合、準備はやらなくてはいけません。

転職活動には、相応の準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、「服装」を大事に感じてしまいます。ところが、ここ数年の、採用面接については私服で良い会社もあるため、「面接はスーツでなくては」と考えて行く必要はありません。とくに会社の創設してすぐの企業などは、厳しいルールも作られてないことが多く、がちがちの服装で行くよりも印象が良くなります。加えて、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。そして私服なら、面接の際に、洋服で、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということから、転職するのなら、気になる企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

薬剤師転職|転職することを、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

もし転職することを、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ると状況が大きく変わるおそれがあります。周りとの付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。さらには、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽々しく「転職します」と周囲に言うのは考えものです。上記のような状態を避けるために、仕事をしている現場では、真面目を装いましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を去れるはずです。また、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、転職後にも、相談ができるチャンスにも恵まれるはずです。業界に関係なく、どんな会社でも、人との縁はとても重要なので、辞める前のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の…

転職を、「派遣社員」を選択しようと考えている人にぜひ注意して欲しい点がいくつかあります。なんとなく派遣社員という言葉を聞くと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容をなんとなく考える方がおそらくいるはずです。かく言う私もそう勘違いしていました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「主な業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けました。が、いざ働き始めると、なんと「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、指示されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので毎日とても困惑しています。今は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。