昨日転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に行きました。

この前転職先を探すために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

一昨日転職先の会社を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。登録カウンセリングの際に現れた担当の人の雰囲気が見たところ入社して間もない新入社員で、私が伝えたいことの半分も理解ができていない様子です。おまけに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みを明確化しいていくことが重要でしょう」とか、上から目線で横柄に言うので大変不快でした。カウンセラーは多少はカウンセリングの経験がある方にしてほしいです。

薬剤師転職|転職にあたって然るべき準備は不可欠です。

転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に映る「服装」は、注意している人は多いでしょう。しかし、近年の面接では、形式ばらない服装で大丈夫な企業があるので、きっちりスーツを着て面接に行く必要はありません。とくに会社の創立したての新規の企業などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。加えて、ざっくばらんに話をしやすくなります。そうして、私服だと面接時に、服装について、話もしやすいです。ですから、ポイントが残るでしょう。ということから、これから転職活動をするつもりなら、企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知る・・

転職前、今の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。労働環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。ひどいケースでは、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、うっかり「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。そういった状態を回避するため、仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。注意をしておくことで、良い状態をギリギリまで維持したまま、最高の形で会社を退職できます。しかも、円満退職に至れば、転職後も、何かあったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。どんな会社でも、人とのつながりはとても大切なので、退職前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

薬剤師転職|転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に注意してほしい点があります。まずはじめに派遣に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」などの業務をぼんやりと思い浮かべる人がおそらく少なくないとは思います。実は私もまさにそう思っていました。今の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、電話応対と聞いていました。派遣会社から伝えてもらっていました。でも、仕事に就くと、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを指示されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、入社前の説明とはかなり違っていたので日々非常に困っています。現在は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。