求人に関する情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど…

求人サイトを見る際、オフィス系の仕事が希望だからと…

  • 求人に関する情報をチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」という人は、製造業をチェックしていなかったりしますが、そういったことをしている人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と間違って解釈しているケースもあります。現に、製造業での求人募集でも、製造マンだけでなく総務・経理と言ったスタッフや資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する部署も多数あるのです。ですが、製造業の勤め先自体、オフィス街のような環境とは違います。ですから、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。でも、自身のこだわりを捨てることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。
  • 薬剤師転職|転職先を選ぶとき、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと一…

  • 転職をするならば、当然やりがいを考慮することも大切だけどさらに収入が上がることも大切なポイントになりますから「年収サイト」というサイトに登録をして前もって研究しています。全く同一の会社でその上同じ職種、経歴であるのにすごく人によって違いがある場合も多くあり、ぶっちゃけた話面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトをチェックしていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間について誰なのかそこそこは予測はついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。
  • 仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせる求人情報というのは…

  • 転職をする時にチェックすることになる求人情報は、参考程度に書かれている、という確率があります。ですから、そこに載っている内容は正しい情報だとは安易に信じるのはやめておいたほうがよろしいでしょう。中でも特に給料に関しては平均的な値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高の給料であるのか?というジャッジができる転職者は少なく、勝手な判断で考えてしまうと、後から後悔することになることもあります。したがって、そうならないためにも、募集事項は、だいたいのものだと考えて、そういったようなとても重要なことは会社に直に問い合わせるのが好ましいでしょう。
  • 前の求人情報に募集要項の中に「性別」が、当たり前のように書かれていました。

  • 昔の求人誌では、雇用側の希望する「性別」が明確に記載されていました。しかし現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、採用時、男女の差別をあってはいけないルールが敷かれ、応募条件の概要に「性別」が無記載となりました。そういった時代になったのですが、募集情報を出す企業側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。ですから、実際は男手を必要な会社に女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルも無関係ではありません。仮に、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と捉えておいたほうが良いといえます。