求人に関する情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」という人は、…

薬剤師転職|求人サイトをチェックする場合、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人ほど…

求人サイトを見る際、例えば、オフィス系の仕事がしたいからと、はなから製造業をスルーしてしまっていますが、そういった人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしているケースもあります。事実、製造業での求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される役職も結構多くあります。製造業がある場所はビジネス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですからその点がデメリットに映る人もいるかもしれません。ただし、自らのこだわりを捨てることで仕事の選択肢が拡がるはずです。

薬剤師転職|転職先を決めるのに、むろん仕事におけるやりがいアップも大切だけど…

転職先を決めるのに、やりがいのある仕事か考えることも重要だけどそれだけでなく給料が増えることも大切なポイントになるので「年収サイト」に登録して事前に調べています。全く同じ会社で全く同じ職種、経歴なのに人によって広い違いがある場合も多数あり、ぶっちゃけて言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトをチェックしていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた者も誰かそこそこは予測がついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。

仕事を変えようと考えている時に目を光らせることに…

仕事を探しているときに注視する募集事項については、おおまかなものとして書いてある可能性もあり得ます。ですから、情報として載っていることを100%正確な情報だとは迂闊に信じないほうが良いでしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与に関しては平均の金額なのか?最低限なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような判断ができる人は少なく、適当な判断で理解したつもりでいると、後から後悔することになる事もあるでしょう。ですから、後悔しないようにするためにも、求人に掲載されている情報はだいたいのものだと考えて、そのような件は直接確認した方がベストでしょう。

以前は求人情報では、雇用主が必要とする人材の「性別」まで…

一昔前の求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」まで明記されていました。しかし最近では、男女雇用機会均等法によって、男女の求人や、採用での差別をしてはいけない事となり、応募条件の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。しかし求人する会社側には男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。従って本当は男手を必要としている業種に、女性が応募してきたり、女性が必要な案件に男性が来てしまったり、といったトラブルもひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍できる職場です」と記載される案件の場合は、雇用側が働き手は女性を必要としている、と読み取ることが良いでしょう。