求人に関する情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほ・・

求人に関する情報を見る際、オフィス系の仕事がしたいからと…

  • 求人誌をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業はチェックしない人がいます。そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と間違って解釈しているケースもあります。製造業での求人募集でも、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部署も相当数あります。しかし、製造業の多数はオフィス街から離れた地域に構えていることが多いですから仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。ですが、自分の執着をなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

  • 転職をするにあたって、もちろんやりがいのある仕事をすることも大切だけ・・

  • 転職先を決める際、もちろんやりがいのある仕事をすることも重要だけどそれに加えて収入が増えることも大切なポイントなので「年収サイト」に登録してあらかじめ研究しています。全く一緒の会社でしかも全く一緒の職種、社歴なのに人によって大きく幅があることも多くあって、正直に言うと面接で質問したことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いたのはある程度は察しがついてるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 職を変えようとしようとしている時に見ることになる求人情報に関しては、…

  • 転職を考えている時に閲覧することになる募集内容については参考程度に記載されている、ということもあります。ですから、そこに書かれている内容はすべて正しいことだとは思い込むのはやめておいたほうが賢明でしょう。なかでも給与面に関しては、一般的な額なのか?最低金額であるのか?最高の給料であるのか?といった見極めができない転職者も多く、自分の勝手な判断でとらえてしまうと、今後、悔いが残る確率もあります。そのため、嫌な思いをすることになる前に、求人内容は目安だと思って、そのようなとても重要な内容は会社の方に直に連絡を取ってみた方が好ましいです。

  • 薬剤師転職|数年前は求人情報に募集条件の中に「性別」が、しっかりと記載されていました。

  • 数年前は求人情報では、募集要項の中に「性別」について、当たり前のように記載されていました。けれど現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、雇用において、男女差別がしてはならないとして、応募条件の中身に「性別」が記載されなくなりました。そういった変化があるものの、求人情報を出す企業は、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。現実に、男性必要な会社に女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もし、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、希望しているのは女性だと解釈しておいたほうがトラブルを回避できます。