求人誌をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は・・

求人情報を見る際、デスクワークが希望だからと、製造業を見ようとしないものですが、…

求人に係る情報をチェックする際、デスクワークがしたいからと、製造業はチェックしない人がいますが、そんな人の多くは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしているケースもあります。事実、製造業での求人であったとしても、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事・総務・経理と言った人材や資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する職もたくさんあります。しかし、製造業の勤務場所自体、ビジネス街でないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、それが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、ただし、自らの執着をなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

転職を行うならば、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも重要だけど…

転職先を決めるとき、むろん仕事におけるやりがいアップも大切だけど加えて年収が上がることも重要なポイントになるから「年収比較サイト」に登録して前もって調査をしています。全く同一の会社で全く同じ職種、経歴であるのに人によって大きな幅がある場合も複数あり、ぶっちゃけた話面接の時質問したことがあります。面接をした方も同じサイトをチェックしていたようで「その高収入で書いているのは、書いた人物も誰だろうとある程度は見通しはついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

仕事を変えようとしようとしている時にマークする求人というのは、…

職を変えようと考えている時に注視する募集事項については、だいたいのもので掲載されている、という可能性があります。そのため、載っている内容はすべて正しいものだと簡単に信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与においては平均の金額なのか?最低額なのか?最高額なのか?という見解ができないことが多く、勝手な判断でとらえてしまうと、今後、悔しい思いをする確率もあり得ます。という訳で、悔しい思いをしなくて済むように、仕事の情報というのは、一般的なものだと思って、そういった件は直に確認した方が良いです。

かつては求人誌では、求める人材の「性別」まで当たり前のように書かれていました。

以前は求人誌には、募集条件の中に「性別」まで、記載されていました。ですが最近では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、雇用する際、男女差別がないようにしないといけないルールとなり、応募条件に男女の文字を見ることはなくなりました。しかし求人募集をしている企業は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。現実問題として、本当は男手を欲しい案件に、女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性が応募してくる、といったトラブルも他人事ではありません。もし、「女性が活躍している仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、女性を希望しているのだと捉えておく確実です。