私は以前割と多くの人材紹介会社に登録していました。

自分が勤め口を探していたころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していのだが…

自分が求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質が多様でほとんどは満足のいく対応をしてくれない担当者でした。こちらは人生がかかっているのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという想いが積もり、それが引き金となり自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格の取得はお金がかかりました。それに加えて資格取得のための勉強に関してもかなりハードではありますが、求職中の人から頼ってもらえるように努力しています。

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は職業として歴史的背景…

昔は看護婦と言われていた看護師は、どうしても女性の割合がとても高い職です。そして、気力それから体力の大きく消耗する職場ともいえます。であるがゆえに、職場の対人関係のいざこざや、自身の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスが取りづらい仕事といえます。実際、そういった問題によって転職する人が多い傾向にあります。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況に変わらず継続しています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

以前の私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」を使っていました。

これまでの私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」に通っていました。その理由は、有名な「転職サイト」は、いつも都心部にある企業の求人がほとんどだからです。そのため、転職時はいつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか知名度は低くなりますが、地域に密着した企業も多くあり、都心部以外での転職をするときには重宝します。また、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と思われている人も多少いるかもしれません。でも、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもし今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークに足を運んでみてください。有名な転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

安定した生活基盤を希望して正規社員になりたい人はかなり多いのが現実だと思います。

安定的な人生を求めて「正社員」として働くことを意識している人が多いのが現実だと思います。とはいえ、即戦力として働けるように頑張っていても、中々正社員としての転職活動そのものがうまくいかないケースも少なくないはずです。派遣社員の求人情報がかなり目につくのに正規雇用の求人以外はそっちのけで悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。しかしあなたが、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、準社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中にはその人の手腕によって、数年で正社員へのキャリアアップを図れるようにしている所があるからです。面接時に「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかをヒアリングしても今後の役に立ちます。