薬剤師転職|一昨日転職のために人材紹介会社に登録に足を運びました。

薬剤師転職|先日仕事を探すために人材会社へと登録に行きました。

昨日人材紹介会社へと登録に出向きました。そのときカウンセリングに出てきた担当者の雰囲気がどうも入社してから間もない新入社員のようで、私が説明していることの50%も彼は理解ができていない様子です。そのうえ「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「自分の強みは何なのか考えることが重要です」等、上から目線で横柄にしゃべるのでとても嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそれなりに社会人を経験している人にしてほしいと思います。

転職を進めるには、準備はやらなくてはいけません。

転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ目に見える「服装」は注意している人は多いでしょう。ただ、近年の採用面接については形式ばらない服装がOKな会社があるので、ビジネススーツを着込んで出向かなくても良い場合があります。とくに会社の創立してすぐの会社などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服で面接をしたほうが、良いイメージを持ってもらえます。正装でないので、フランクに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服だと面接中、洋服で、相手との話が広がる可能性もありますから、担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、転職活動は企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

薬剤師転職|もし転職前、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

もしも転職前、今の会社にいる人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が大きく変わるおそれがあります。人間関係によって、意地悪されるおそれもあります。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、軽率に「転職します」と周囲に言うのは注意が必要です。上記トラブルを避けるために、今所属している仕事場では、真面目を装いましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を辞められます。しかも、円満退職となったなら、転職後に、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるはずです。会社の大きさに関係なく、どこの企業も、人とのつながりはとても大事なので、転職前のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意してもらいた・・

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひチェックしてほしい箇所があります。なんとなく派遣社員の業務については、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」といったものをぼんやりと考えてしまった方が少なくないでしょう。本音を言うとかく言う私自身もそう勘違いしていました。今、働いている職場に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「メインの業務は電話対応になります」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。が、入社したとたん、「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とは全く違うので毎日困っています。今は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。