薬剤師転職|仕事をするにあたって心的な負担が増え、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら・・

働くことによって回復が難しいほど精神的にまいってしま…

  • 仕事をするにあたって精神的に苦しくなり、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら、会社と相談ではなく自身の家族に相談したうえで、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、働くことは自身のことでもありますが、同時に、家族の問題ともいえるのです。どんなに高い給料を得たとしても、メンタル面がボロボロになるまで無理しながら働くのは好ましい状況とはいえません。昨今は、金銭的なことよりも、働きやすいことを重視する生き方も徐々に認知されつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族とともに、自身の心と体の健康を考えていきましょう。
  • 今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

  • 近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。特許出願の経歴がある人は、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を発表した実績のある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮に、あなたがヘッドハンティングと推測される連絡があった場合は、そうなったきっかけを考えてみてください。あまりないことですが、「ヘッドハンティング」と称し、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そういったものはむろん嘘であるので相手しないのが無難です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が払う必要などありません。
  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が複数、展開されています。日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・企業といった民間側からも新しい社会的な変化が具現化されてきています。そういった変化が加わったせいか、企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会問題化しつつあります。最近では外国人労働者を現状以上に高めていくつもりでいると現内閣は語っています。雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用や転職をとりまく事情も変わっていくのは間違いないでしょう。
  • 全くの初挑戦の業界などに転身したいと思っている場合に…

  • 初挑戦となる業種などに転業をしようとするときには、以前の職場で、自分が養われたスキルや今までの経験が生きるという内容の自己アピールがいるようになります。その分野で働いたことがない人はそれだけそのジャンルで経験してきた人たちよりも不利になりますけど、自分が保持している能力がその業界でも十分に発揮することができるということをしっかりと話すことができれば、戦うことができるケースも考えられます。という訳で、経験したことがない分野に挑戦する際には、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事との関係性を可能な限り考えましょう。