薬剤師転職|再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を渡された場合、…

再就職の面接などの場面で面接担当者に名刺を差し出された場合…

  • 再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手に渡すべきかどうかと対応の仕方に迷ったら、おおむね渡す必要はないと考えておいてください。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、仕事を得るための就職活動内のことになるので、大体の場合は名刺をやりとりする場ではありません。それに加えて、あなたは立場上会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。そのため、もし相手側から名刺を渡されても、こちらにおいては、ただ受け取るだけでよくて、面接担当者に相手の方にあげる必要性は少しもないと言えます。

  • 薬剤師転職|就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接の際、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうためです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、現在の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

  • 転職の予定があるのなら、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、はじめの年度は大概「試用期間」が入っている場合が多くあります。私の場合はせっかく新しい職を見つけることができたのに、悲しいことに年間報酬が前職とあんまり同じで変わりませんでした。しかも業務内容はかなりキツく、とても責任も重大だったために、1年目を越すのもひどく厳しかったです。そういった経験を踏まえると、初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、出来る限り転職する前にお金をためておくべき、と思います。

  • 転職の際に欠かせない面接に関して、よく思い違いがあるのです・・

  • 転職時の企業の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいとあからさまな猫かぶりすることは、残念なことに逆効果になります。そうなる前に例に挙げるならば面接時は、「残業」などの、普通であればちょっと聞きにくいことも思い切って聞いた方が最終的に絶対にあなたのためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「面接の段階でずけずけと質問をすると、最終選考に落とされるのではないか」と気になるかもしれません。ですが、意外なことに、プラスの結果になることは最終的にはいい場合が多いようです。この手の「お金」や「労働環境」に関連する内容は、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかしながら、不採用を恐れるあまり、はっきりと聞けないものです。しかしながら、一歩踏み込む勇気があれば「言うことはちゃんと言える人だな」と思わせることができます。