薬剤師転職|古来より「石の上にも三年」という教えがあります。

古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが・・

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。現在の社会では「終身雇用制度」は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」はとても身近なものになってきました。が、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。転職するにはタイミングを図る必要があります。その基本として、今現在の職場、や仕事内容について、不満点を約10項目メモしてみてください。こうすることによって、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、もし決断したら迷うことなく、よりキャリアアップできるように、進めることが大切です。
  • 転職したい会社で会社見学などがあるとかなり参考になります。

  • 転職候補先の会社見学ができれば、すごく参考になります。とりわけ、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られるので楽しみです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、いつも通りの働き方を見せてくれないのが特徴です。例を挙げるとずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。この分野では、癖の強い人が多いので働きだしてからでないと、実際の姿は伺えません。ですから、見学だけの仕事だと解釈しないことがとても重要なのです。ましてや、見学時に仕事体験ができる会社は、倫理的にアウトですし、正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでない人にはケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障がないため、進められてもやんわりと断るのが無難です。
  • 新卒で入社した会社を辞めて、一歩踏み出して転職することにしました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、思い切って転職しました。退職したときは、1人で不安で悩みこんだりもしました。でも、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動をしていく中で気づき、いつの間にか悩みが消え、気が楽になりました。また1度、転職をするとなんだか気持ちが前向きになっていき、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが毎日が見違えるように変化しました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」というような意見も根強くありますが、私の人生においては転職を経験して良かったと思います。
  • 薬剤師転職|『転職をしたい!』と思っている人で将来の進路がハッキリしているのなら・・

  • 『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということを即、上司に伝えておきましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしていると、状況によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際に私もそういった経験があり、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職したいことをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって退職が認められたのは同年の11月です。本音は仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったです。希望通りには進みませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底前の会社に対しての困ってしまいました。