薬剤師転職|古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

薬剤師転職|古来より”石の上にも3年”といわれる諺もありますが…

  • 「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。その背景を裏付けるかのように定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは一般的な事柄となってきています。が、「転職」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。転職するつもりなら、タイミングというのも有るでしょう。初歩として、現在の職場・や自分の置かれている立場などについて、納得できない点を10個前後、紙に書き出ししてみましょう。こうした作業をしておくことによって、転職に役立ちます。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、できるだけ素早く、より良い仕事を手に入れるべく頑張っていきましょう。
  • 転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあれば、良い勉強になります。

  • 転職先の会社見学ができれば、非常に参考になります。特に、「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られるのでワクワクします。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ例外なく、通常通りの仕事現場を見せてくれることは少ないです。特にその傾向が強いのはブルーワーカーなどの業種です。個人のクセが強い業種であるため、実際に入社しないと、本当の姿はわからないものです。ですから、見学内容イコール仕事現場、と思わないことがとても賢明です。それに加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は、かなり問題なので正直言って、「論外」です。入社してもいない人には仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障などありません。仮に、勧められてもていねいに断るのが無難です。
  • 新卒採用で入社した会社を退職し転職した経験があります。

  • 新卒で入社した会社を去り、転職を決断しました。会社を退職したときは、とても悩んだように思います。ですが、新卒で入った会社を数年で退職し、多くの人が中途採用で働いていることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、無意識のうちに漠然とした不安が無くなりました。なにより転職をするとなにか肩の荷が下りる気持ちを実感し、自分に適した仕事を探すことが出来て楽しいものになりました。なかには「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といった転職を否定する意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の場合は否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。
  • 薬剤師転職|『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自分の意志が強いのであれば、…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばこのときに相談という形を取ると、高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずに結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたい旨を最初に直属に上司に話した時は年度末、結果的には退職届けを出せたのは同年の11月です。本来、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったです。スムーズにはいきませんでした。やっぱり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員の意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと以前にも増して呆れてしまいました。