薬剤師転職|日本には昔から「石の上にも三年」という諺があります…

日本には昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

古来より日本には”石の上にも3年”という教訓があります。現在、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。とはいえ、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に転職したいなら、まずは良いタイミングを図る必要があります。最初に、現在の職場、自分の置かれている立場などについて、嫌だと感じいているポイントを、10個、少なくても最低5個は箇条書きしてみてください。其れによって転職活動がスムーズになるはずです。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、躊躇することなく、今よりキャリアアップできるように、自分なりに努力してみてください。

転職したいと考えている会社で見学などがあるとすごく参考になります。

転職したいと考えている会社の会社見学は、非常に勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社は、スキルを近くで見られるので楽しくなります。ですが、「職人」がいる会社見学では見学者には例外なく、いつも通りの働き方を見せてくれないのが特徴です。特にその傾向が強いのはブルーワーカーなどのジャンルです。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社してからでないと、実際の姿は伺えません。ですから、会社見学で見たものをすべてだと思わないことが無難です。それに加えて、見学の時に仕事体験できる会社はとてもキケンですし、正直言って、注意しておくべきです。入社すらしてない人には何かトラブルが発生しても、保証はありません。担当者から勧められても丁重に断りましょう。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職を決断しました。

新卒採用で入った会社にさよならをして転職することについて実際に転職する前は、しばらく悩み、不安な気持ちになりました。会社をわずか数年で辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと私自身が転職を経験したことで学び、自然と前よりも気持ちが楽になりました。転職をするとふしぎなことに肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を優先できて毎日が楽しくなりました。いまだ「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」というような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の場合は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

薬剤師転職|『なるべく早く転職したい!』と考えていて、自分の意志が強いのであれば…

『転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が強いのであれば、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。ですが、このときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職を引き伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたい旨を当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、実際では退職が受理されたのが同年の11月です。希望では仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったのに、思うようにはいきませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員の意見を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでかなり以前にも増して呆れてしまいました。