薬剤師転職|求人に係る情報をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」という人・・

求人に関係する情報をチェックする際、デスクワークがしたいからと・・

  • 求人関連の情報をチェックする時、例えば、オフィス系の仕事がしたいからと、はなから製造業をスルーしてしまっています。そんな人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解しているのです。実際に、製造業であっても、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務、人事といった人材募集に加え、購買、営業管理のような「事務系」に分類される仕事もかなり存在します。製造業の勤め先はオフィス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと感じるかもしれません。ただし、自らのこだわりを捨てることによって素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

  • 転職先を選ぶとき、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも重要だけ・・

  • 転職なら、むろん仕事のやりがいアップと一緒にそれにとどまらず賃金が上がることも重要なので「年収サイト」というところに登録していろいろと調べています。一緒の会社で加えて同じ職種、経歴であるのに人によって広い幅があることも複数あって、ぶっちゃけた話面接の際質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトを見ていたようで「その高収入で書いているのは、書いた人についてだいたい予想がついているのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の年収で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 職を変えようとしようとしている時に閲覧する募集事項の情報というのは…

  • 仕事を変えようと考えている時に注視する募集内容の情報というのは、参考程度に書かれている、という可能性も少なくはありません。なので、掲載されている内容はすべて正確であるとは安易に信じないほうが良いでしょう。なかでも生活に大きくかかわってくる報酬に関しては平均なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?といった読みができる人は少なく、自分判断で考えてしまうと、今後、嫌な思いをする確率もあります。そのような訳で、悔しい思いをしなくて済むように、求人情報はうのみにせずに、そういったようなとても肝心な内容は会社の方に直接確認するのがベストでしょう。

  • 薬剤師転職|今までは求人誌に募集要項の中に「性別」まで、記載されているのが一般的でした。

  • 前の求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」まで明記されていました。ですが現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用において、男女差別がしてはいけないルールが決まり、募集要項内に男女の性別を記載しないようになりました。そういった時代になったのですが、求人を出す側としては、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。なので、実際は男性が希望の業種に募集に女性がやってきたり、女性が必要なのに男性が応募してきたり、といった問題も他人事ではないのです。仮に、「女性が活躍できる職場です」とアピールしている場合、女性を希望しているのだと解釈しておいたほうが無難です。