薬剤師転職|転職のための採用面接では、中小企業だったら概ねは人事担当者ですが、…

再就職のときに行われる面接というのは、零細企業であれ…

  • 再就職時の面接では、規模の小さい企業クラスの場合大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。直接、これから仕事をすることになる現場の担当者、わかりやすく言うと課長や部長クラスが面接の場にいることも珍しくありません。特に、営業系や事務系に転職する際は、資格を通じた人の良し悪しを判断しづらいのでなんといっても自分自身をアピールしていく事で良い印象を与えることができます。面接官の誰からも「この候補者は、きちんと自己主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

  • 薬剤師転職|時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、任意のタイミングで退職できるわけではないと・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたらすぐ退職できるというわけではないことを転職活動で気付かされました。結婚した後、落ち着いたら早く子育てに取り組みたかったので、その時が来るまでのあいだ、数年だけ今の会社で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員だったので、正社員よりも収入は少なかったのですが、やはり時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。が、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどの方が派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。意外にも派遣だからといって、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを用いて、…

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを通じて、転職活動することは今では当たり前のことです。そうとはいえ、それに加えて転職フェアにも積極的に参加してみてはいかがでしょう?転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、参加されれば多くの企業について知ることができ、その上、説明担当の企業スタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受けにいくつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。フェアを通じて、企業に好感を持ってもらえたら、その後採用面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。

  • 薬剤師転職|転職のため職探しをする際に注意すべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高…

  • 就職のため仕事探しをする際に注意すべき求人は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長いものです。このような案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがとても多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間とか45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を含んでおくというものです。(注・違法ではありません)もしも『みなし残業代25時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という意味になります。でも、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともザラですのでしっかり気を付けてください。