薬剤師転職|転職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業だった…

再就職の際に行われる面接というのは、中小企業であれば…

  • 再就職時の採用面接では、中堅企業だったら概ねその社内の「人事」担当が面接官になりますが、例外もあるはずです。具体的には、これから仕事をすることになる担当者、という具合に管理職クラスである部長や課長が面接をしてくれることもあります。とくに営業や事務といったカテゴリでは、資格などという具体的なイメージはありませんので、しっかり自分自身を売り込んでいくことが必要であり大事なことです。担当者から「この男はしっかり自己主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、任意のタイミングで退職できるわけではない…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと転職活動したことで学びました。結婚した後、落ち着いたらなるべく早く子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでの間のために1年半~2年だけ今までのそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員だったので、正規よりも月収は少なめでしたが、やはり「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。しかしながら、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちは多数のスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。なので派遣だからといって、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。
  • 転職サイトや転職エージェントを活用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動をする人はますます増えています。しかしながら、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、加えて転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。参加したのなら複数の企業についての情報を得ることができ、それだけでなく、そこで説明してくれるスタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けるのと同じようにしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。それが奏功してフェアの期間中に企業側から良い人材と見なされれば、その後本格的な面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。
  • 薬剤師転職|就職活動時に注意して欲しい求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、…

  • 転職するため職探しをする際に特に注意すべき求人は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束時間が長めであるというものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間・45時間という感じで求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が発生するため、あらかじめ給料に残業代を入れて計算しておく、といったシステムです。(この仕組みは違法ではありません)もし『みなし残業代45時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」という意味になるわけです。でも、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』という言葉がこともあるので気を付けてください。