薬剤師転職|転職の際に行われる面接というのは、零細企業だったら大体、その社内の「人事」担当者が面接官になります・・

薬剤師転職|再就職の際の面接は、小規模業者だったらおおよそは「人事」が面接担当です…

  • 再就職の際に行われる面接というのは、中小企業であれば、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。例を挙げるとしたら、共に仕事をする作業部署の責任者、つまり管理職クラスである課長や部長が面接することも決して少なくありません。特に、営業系や事務系の場合は、資格などという具体的なイメージはありませんので、積極的に自分自身を売り込んでいくことが求められます。担当者から「この人はしっかり自己アピールできるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを…

  • 派遣社員になっても自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職活動を通じて学びました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、すぐに子供を授かりたかったので、その時がくるまでのあいだ、1年半~2年だけ今の職場でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、正規よりも収入は少なめでしたが、仕方ないので時間的な自由が得られるのでガマンしました。が、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、悩みが増えました。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動される人は多くなってきました。

  • 転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動される人は今では普通になってきました。そうとはいえ、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、それに加えて転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加することで複数の企業の情報に触れることができ、それだけでなく、説明を担当するスタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。今後、転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接に行くつもりでしっかりと自分をアピールしましょう。それによりフェアの期間中に企業側から良い人材と見なされれば、それからあとの採用面接時に非常に有利となります。

  • 転職活動をする場合に特に注意すべき求人の募集内容は…

  • 転職のため仕事探しをする際に注意すべき求人は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長いものです。このような求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がよくあります。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間という風に求人の内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料形態に残業代を組み込んで計算しておくという仕組みです。(注意・合法です)もし『みなし残業代50時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という意味になります。けれども、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を表記していないこともザラですので気を付けてください。