薬剤師転職|転職の面接などにおいてもし名刺を差し出されたとした・・

転職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された時、あなたも相手の方に名・・

  • 再就職における面接などに関してもし担当者に名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に渡すべきであるのか?と対応の仕方に迷った場合は、普通一般的には渡さなくても良いと考えておいてください。転職のための面接においては仕事の延長上のことではなくて、採用活動の一環なので、普通に考えれば名刺を交換する場とは異なります。それに、会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。という事で、相手から名刺を渡されたとしても、あなたのほうは、ただもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手側に渡すことは少しもないと言えます。

    就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。面接において、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現職での年収を正直に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばないものと考えておくべきです。たとえば、現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

    新しい転職先で、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職の意思があるのなら、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。とりわけ入社して1年目は「研修期間」が入っているというのがことが考えられます。私自身のときは、せっかく転職したというのに、前職での稼ぎと年収と見たところ変わりませんでした。おまけに、仕事はきついうえに、責任のあるもので、1年目を乗り越えるのにたいへん骨が折れました。そういった体験から転職1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、十分に転職する以前にお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

    薬剤師転職|転職の際に外せない面接では、よく思い違いがあるのです…

  • 転職候補となる企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりすることは、正直なところ良い結果にはならないことがあります。ですから、例に挙げるならば面接時は、「ボーナス」といったような、通常ならかなり質問しづらい内容を勇気を出し率直に聞いておくと結果的にあなたのためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なずけずけと質問をすると、選考結果に採用されないのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。けれども、意外なことに、面接官からの印象もいいことは少なくないようです。これらの「お金」や「労働環境」に関連する内容は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。その反面、多数の人が気を遣い聞かないのも事実です。なので、あえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。