薬剤師転職|転職の面接などの場面で面接担当者に名刺を差し出された場合、…

薬剤師転職|再就職における面接などに関して担当者が名刺を差し出してきたら・・

  • 再就職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されたら、こちらとしても名刺を相手側に差し出すべきであるのか?と対応の仕方に迷ったら、たいていは渡さないもの、と知っておいてください。面接とは仕事の延長上のことではなくて、職を得るための採用活動の一部です。ですから大体の場合は名刺をやりとりする時ではないのです。加えて、会社の者としてではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。そのため、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらに関しては名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側に渡す責任はまったくないと推測できるのです。

  • 就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に大切な要素です。今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、もし一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、どのみちウソがバレてしまうためです。トラブルの原因になることもあるため、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はないものと考えておくべきです。もし、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を退職に追い込まれる状況も考えられます。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 転職する企業で、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。入社した初年度は、ほとんど「試用期間」が含まれている場合が多く、自分のときは、せっかく転職したのに、前の職場での年収と大方イコールでした。また、業務内容はきついうえに、とても責任が伴うものだったので、一年目を乗り切るのに本当に骨が折れました。そういった経験から、初年度はいわば勉強の期間と割り切って、できるだけ転職以前から貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。

  • 薬剤師転職|転職の際に外せない面接でやめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なまで・・

  • 転職活動中の採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと過度に猫かぶりすることは、はっきり言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。ですから、その場を繕うのではなく面接の際は「給与システム」といったような、普通であれば触れにくい内容を勇気を持って率直に訊いておくと、自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった質問をすることで面接で不採用になるのではないか」と懸念するかもしれませんが、ですが、マイナスに作用する可能性が高いといいます。こういった「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、多くの人が知りたいと思っています。それなのに、面接で緊張していると、大半の人が質問を躊躇しています。そこで、勇気を出し一歩踏み込めば「正直な人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。