薬剤師転職|転職時の面接では面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?・・

薬剤師転職|転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。面接担当から「転職の理由は何ですか?」とかなりの確率で質問されます。この場合、どれだけ正しい意見だと思っても、前の職場の「人間関係」「働く環境」についての愚痴とも受け止められる答えは、絶対に控えたほうがいいでしょう。此の様な内容の話は、採用のチャンスを無駄にしてしまうことになります。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり大事で、あくまでも「新しい職場では自分のキャリアを十分生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のようなアピールの仕方が大切です。

転職というものをする場合、転職先での年収について気にしすぎる人が…

転職について考えた場合、転職したあとの自分の年収ばかりを気にする人は、けっこう少なくありません。もちろん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活するために働くのでしょう。年収というのは自分自身の社会的な価値を知る値という側面もありますから、とうぜん大切と感じるのは至極当然です。でも、ひどく年収額に執着しすぎるのも悲しい気がします。よく見れば収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な成長を遂げられるチャンスは大いにあるものだからです。

転職を考え始めたときに、とにかく会社を辞めた後でという考え方もありますが・・

転職活動を行うときに、まずは現在働いている会社を完全に辞めてからという考えを持っている人もいるようですが、そうならばボーナスの支給時期を事前に調べておくのが無難です。ボーナスが支給される会社は多く存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスの支給の日まで少ししかないのなら、支給日を待って辞職するという考えも賢明な方法です。ボーナスってある程度額が大きいので、もらわなきゃ損ということも言えるでしょうから、退職をする際にはいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを一度確かめておくと損をしません。

たいていの場合は大手企業は「定期採用」がメインなので・・

一般的に見て大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。しかも都市近郊部~地方となると転職の確率がとても低くなります。でも、「製造業」系であれば、地方の工業団地のあたりに工場を持っていることもよくあります。そのような地方の工場の場合、事業分野の拡大する際に「人員募集」をしていることが多々あるので、このタイミングを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。地方の工場での転職を希望される場合は、その地方の工業団地の会社を事前に得ておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人予定の有無など、定期的にチェックしておきましょう。