薬剤師転職|転職活動をする際、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思います…

転職活動を開始するにあたって、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思いますが・・

  • 転職活動を行うとき、いろんな経路で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトはとても役に立ちます。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、違った角度から見ると、口コミの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくてもいいはずです。または、実際は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、急いで炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分入社後に厄介事が降りかかるリスクが高くなると判断して良いでしょう。人もそうですが、良い会社には煙すら立ちませんから。

  • 薬剤師転職|雇用中には、極力会社内の人にバレないように(私の場合…

  • 雇用中はなるべく周囲に悟られないよう、(私の経験談ですが)在職中に転業の意思表示だけを早い時期に社内でほのめかしたことがありました。けれども、その顎、求人情報を色々と探してみたのですが、結局就職する転職時期も無鉄砲に煮詰まっていないままいつの間にか時間がムダになるだけでした。挙句の果てには一方、社内では退職に関わる手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経て次の就職先を探すハメになりました。

  • 薬剤師転職|転職の間は、どうしても、時間があるため、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。

  • 転職の間は、知らず知らずのうちに緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。が、そのような生活はキケンです。というのも、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、「心」もだらしなくなるからです。徐々に、仕事をしようとする意欲を失い、お金に困ることにもなるでしょう。そうなってしまうと、すべてが悪い方向に進んでしまい、再就職先をうまく見つけられなくなります。転職先を決められないのは、もらえるお金を一番に考えるようになるからです。給料を第一に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。というワケで、お金に縛られない生活を目指すためにも、だれた生活は、しないように気を引き締めましょう。

  • 自身のスキルや資格をふまえて就職活動を考える場合に、…

  • 自身のスキルを活かして再就職する場合、再就職がしやすい業界と、転職が難しい業界がある事を知っておいてください。再就職がカンタンといわれる業種は、たえず人材が不足している「医療・介護」が代表例といえます。医療・介護の職種では看護師や介護士は「資格」が必須で、ハードルの高いジャンルといえます。こうした業界で働く人が、ワケあって、他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。そのため、安易に考えないことが重要です。再就職をされるのであれば、異業種では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと気をつけましょう。