薬剤師転職|転職活動を行うとき、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思います…

転職活動を始めるとき、様々な経路で情報を得るのが通常だと思います…

  • 転職するときは、いろんな方法で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての「口コミサイト」は、とても利用価値があります。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐によってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った視点から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。とはいっても、実態は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、急いで炎上をしずめよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分入社後に厄介事が降りかかる可能性も高いと判断して問題ないでしょう。人もそうですが、良い会社だったらトラブルなど起こりません。
  • 在職中には、可能であれば、悟られないよう、(自身の経験談です・・

  • 在職期間中は、状況が許す限り、周囲に悟られないよう、(私の例ですが)雇用期間中に転職する意図のみをはじめのうちに社内で言ってみたことがありました。にもかかわらず、その顎、求人を必死に色々とチェックしてみたのですが、思いとは裏腹に働き先のあてもタイミングさえも計画も立てずに決まらずズルズルと時間が過ぎてしまいました。そしてその傍ら、会社の側は、仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経て次の就業先を再度探しました。
  • 薬剤師転職|再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではない・・

  • 転職期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかしながら、そのような生活をしないことがお勧めです。人間というのは、気の緩んだ、だれた生活を習慣化してしまうと、「心」にも問題が出てくるからです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする気力がなくなり、生活ができなくなり困る事態となりかねません。そうすると、悪いサイクルができてしまい、転職先をなかなか決められなくなります。再就職先をハッキリ決められないのは、給料を最優先に考えるからです。給料を第一に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 薬剤師転職|自分のスキルや資格を有効活用しながら、転職を考える場合に、…

  • 自分のスキルを武器に転職を検討する場合は、比較的、転職がしやすいジャンルと比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を知っておいてください。転職がカンタンといわれる業種は、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」の分野がその最たる例です。医療や介護では、看護師および介護士は「資格」が必須で、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、仕事がきついからと他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性がそれほどありません。ですから、簡単に考えない事が必要です。転職を希望するなら、医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。