薬剤師転職|長く接客業で仕事をしていたのですが、年のせいか立ち仕・・

薬剤師転職|長い間接客業でお勤めしてきましたが、年齢を重ねるにつれ・・

長いこと接客業で仕事をしていたのですが、加齢とともに立って行わなければいけない仕事は体力的にきつく、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を視野に入れて行動にうつりました。事務未経験の場合少々難しくて、接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格を取得して個人のクリニックに転職することができました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業で働いていた時より帰宅時間も遅いわけですが、最初はキャリアを形成しておかなければいけないと割り切って頑張ります。

薬剤師転職|転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。企業のほとんどは履歴書に加えて職務経歴に記載されていることによって面接するかどうかを決めるため、なによりもこれらの書類の作成が大切といえます。単に必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容が魅力的であることも必要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き出しましょう。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などかなり具体的に書いていきます。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントを活用したり、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分のブランディングのために活用をはかることも有効な手段だといえます。

転職するとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

求職活動をするとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用するケースもあるでしょうが、もしもそこに登録し、幸運にも就職先が決まったとしても、失業保険とは何の関係もないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就職しても給付対象にならないので気をつける必要があります。これと違って、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就職したときは、就業の準備金として「一時金」を受け取ることができます。インターネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険とは無関係です。これを知らなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

薬剤師転職|そのうち転職やることに当たっては、今現在の仕事で感じている不満…

来週からでも転職活動をするに当たっては、今現在の職場や仕事での納得いかない部分を明確にしておく必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。不満にガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。しかし「ちゃんといまの会社の不満なことを書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そして、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐことが容易になるはずです。