薬剤師転職|長年接客業で務めていたのですが、加齢が原因か立って行わなければいけない仕事…

長く接客関係で働いてきましたが、歳をとると共に立ち続けなければいけない仕事・・

長期間接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねるにつれて立ってする仕事は体力的にきついため、事務系のお仕事へ転職することを考えて活動しました。事務の経験がない場合少々厳しくて、だから接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと考え資格試験にも合格し個人病院に転職することができました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係が大変。夜間のシフトばかりさせられて、接客の仕事をしていた時よりも帰宅時間が遅くなってしまったのですが、まずはキャリアを形成する時だと観念して頑張ります。

薬剤師転職|転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書がポイントです。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。ほぼすべての会社は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を判断材料にして面接するかどうかを判断するため、どうあってもこの2枚の書類が大切なアイテムです。ただ穴を埋めさえすればいいというわけではなく、内容を魅力的なものにすることが重要です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り記入しましょう。また、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。例をあげれば売上〇%UPした等、わかりやすく記しましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのためにうまく活用することも転職を成功させるための有効な方法です。

薬剤師転職|求職活動をするとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン…

就職活動をするにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」のお世話になるケースもあるでしょうが、たとえそこに登録し就労先が見つかった場合でも、失業保険を受け取ることはできないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付を受けられないので気を付けるべきです。一方、ハローワークを経て斡旋してもらって就職したときは、就業のための準備金として一時金を受け取ることができます。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険などの手続きはしてもらえません。このことについて無視していると、失業中にお金を受け取れなくなるので、気をつけておきましょう。

転職を考えているのなら、今いる職場で感じている不満点…

来週からでも転職を希望しているのなら、今いる職場や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分を明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満なことが限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。しかし「しっかりと現在ある人間関係などの満足できない点を書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐ事ができるでしょう。