薬剤師転職|3日ほど前転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録を行いに行きました。

この前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に行きました。

数日前新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのとき登録時のカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気がどうも経験の少ない社員のようで、こちらが説明している話の5割ほども理解できてないようでした。それに加えて「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと自分の強みと弱みをはっきりさせておくべきです」とか、上から目線で横柄に話すからとっても不快でした。カウンセラーはそこそこ仕事の経験がある人にしてほしいと思います。

転職活動する場合、然るべき準備は不可欠です。

転職活動する場合、相応の準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも「服装」を気になっている人も多いと思います。とはいえ、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装が多い会社があるので、ビジネススーツで臨まなくても良いでしょう。とくに会社の創設して間もない企業などは、お堅いルールもないことが多く、スーツでいかないほうが良い印象を持ってもらえます。また、フランクに会話できるのも魅力のひとつです。そして私服なら、面接時に、服装の事で話題が広がることがありますから、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。というワケで、転職活動は企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

薬剤師転職|転職する前には、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしま・・

もしも再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が悪くなる可能性があります。働く環境次第では、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽はずみに「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。なので、回避するために今の職場では、いたって真面目な態度でいましょう。注意をしておくことで、良い空気を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を退職できるはずです。また、円満に退職できたなら、転職後も、あなたが何かあったときに相談できる機会も出来ます。どのような会社であっても、人との縁は大事なので、会社を辞める際のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

これから転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えていてほしい点があります。なんとなく派遣社員に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」のようなものをぼんやりとイメージされることが多々ありますよね。本音を言うと私自身もそのように思っていました。今の会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「担当する業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けました。ところが、実際に仕事に就くと、「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、当初の説明とはかなり違っていたので毎日とても困惑しています。今は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。