転職することを成功させるためには、事前の情報を集めることをしておきましょう。

満足できる転職を希望しているのなら、最初に意味のある情報を集めることをしておきましょう。

  • 転職することを成功させるためには、前もって徹底した情報を集めることが不可欠です。最近は取るに足らない小さな企業といえども公式ホームページを開いているケースが多いので、インターネットで自分の知りたい情報を調べておくとまたその企業のよくわからない点等を整理しておくと相手の会社を知るのが容易です。それと公式サイトに加え、「転職サイト」の情報に目を通しておくと有りだと思います。また、インターネット以外の手段として、何よりも転職を考えている希望の職場を自分の目で見てチェックしてみることも大切です。

    薬剤師転職|看護師でありながら違う仕事に転職の理由はその人によりけりです。

  • 看護師でありながらそれと違う職業に転職を決断する原因は、人によりけりです。考えてみると「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚で配偶者のこともあって子育てそれから家族の介護など、いろいろな変化によってこれまでのような今の仕事を続けられなくなっている」「今の給与とキャリアとのバランスに不満がある」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。しかしながら、実際に転職される前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、落ちついてゆっくりと客観視してみることもしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考したうえで決断してみてください。

    もしも転職するのなら、転職前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

  • もしあなたが将来、転職したいと考えているなら、先に「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格を取得するのがベストです。転職の際には有効活用することができますから、新しい仕事も探しやすくなります。というワケで、在職中の時間がもっともよい時期といえます。将来を見据え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、退職後も悔やむことなく次に進めます。加えて、資格取得後は転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に「即戦力」と判断され、以前より待遇アップも期待できます。

    薬剤師転職|失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが、…

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、給付期間が無限に続くわけではありません。離職時までに勤務していた期間によって違い、90日とか120日とか設定されるのですが、中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。永久にもらえると思い込んで「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから焦りつつ職を探しても好条件のところを見つけるのは難しいです。会社の面接官も無能では無いので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」についてそこそこわかるはずです。相手によっては、失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、まず受からないでしょう。