転職するときには、様々な手段で情報を得ることが多いと思います・・

転職活動を行うとき、いろんな手段で情報を集める人が大半だと思います・・

  • 転職活動を行う際、色々情報収集されるとは思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の報復によってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った視点から見ると、ウソばかりの投稿であれば、会社としては気にする必要はないはずです。しかしながら、実際には『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、早く火消ししなくては!」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いということは、その分入社してからトラブルに遭遇する確率が高い、と判断して問題ないでしょう。というか、良い会社にはトラブルなど起こりません。

  • 雇用期間にあるときは、できれば会社内の人に気づかれないように…

  • 雇用中は可能なかぎり同僚にバレないよう(ちなみに私のときは)雇用中に転社したいという考えを早い時期に社内で仄めかしたことがあります。だが、その顎、転職情報を色々と探してみたものの、思いとは裏腹に働く先も転職するタイミングも計画も立てずに煮詰まっていないままやみくもに時間だけが過ぎてしまいました。そして一方の当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したのち、次の就職先を探すことになりました。

  • 薬剤師転職|転職活動中は、ついつい時間が有り余っている分、ダラダラと過ごしてしまいがちです。

  • 転職の間は、そういう風にしたいわけではないのに時間がある分、だれた生活になりやすいですよね。でも、そうした生活はキケンです。言うまでもなく、気の緩んだ、だれた生活をしていると、「心」もだらしなくなるからです。ですから、いつの間にか仕事をしようとする意欲を失い、生活が苦しくなり困る状況にも・・・。そのまま、生活も仕事も悪循環になり転職をしたい会社をうまく見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、お金を第一に考えるようになるからです。給料を最優先に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラダラした生活は、止めておきましょう。

  • 薬剤師転職|自身のスキルや資格を有効活用しつつ、転職したいと思っているな…

  • 自分のスキルや資格を活かして就職活動を検討する場合は、比較的、転職しやすい業種と比較的、再就職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。転職がカンタンといわれる業種は、慢性的に人材が不足している「医療・介護」の分野がおなじみですね。医療・介護は、看護師および介護士の資格が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、ワケあって、異業種に転職したいと考えているのなら、注意が必要です。「医療」「介護」ではない業界は、流動性がそれほどありません。そのため、安易に考えないことが重要です。再就職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。