転職すると大体の場合、以前の仕事のたいていは美化された記憶となります。

転職した際には、高確率で前の会社の仕事の美化された記憶となります。

  • 職を変えた際には、大体の場合、それまでの仕事でのたいていの出来事は美化されます。現実には現在の職務に問題点があるから、そういった思いを解決するためにせっかく退職を決め、転職を決意したはずなのに、時間が過ぎるとともにどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前職のほうがマシだった」と感じることが増えてきます。というのも至って普通で、前の職場では日々の業務に慣れていてわけなく与えられた業務もこなせていたからというのが理由にあるはずです。実際は「退職しなけりゃよかった」と後悔するほど、過去の職場のほうが待遇や自分に向いていた場合も考えられます。
  • 薬剤師転職|新卒後最初に働いた会社で感じの悪い上司に悩まされ・・

  • 新卒で採用された会社で感じの悪い上司の存在に悩みを持ち、ついに仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同じ業種の別の会社に転職しました。人間関係も良好できわめて充実した日々が続きましたが、緩やかに会社の業績が悪化し、最後にはある会社に経営統合されることとなったのです。その経営統合先の会社がなんと転職前に働いていた会社で、それどころかとても嫌いだった上司がまた私の上司になることに。いったいこれはどれほど縁があるのでしょう。もちろん再び転職活動を始動しています。
  • 再就職の際の面接での身なりは会社側からクールビズで良…

  • 再就職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズでもOKとと書かれている場合もありますが、なかには、クールビズで面接に行くのは駄目なのでは?と感じてしまいます。クールビズについての迷いを心に持っている方においては、クールビズで来るように言われたのなら、書かれていることを守った方が不安要素がないです。混乱して、猛暑の中しっかりとスーツを着ると面接担当者に不自然な印象を持たれてしまうので、会社側からクールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズでも大丈夫というわけです。
  • 薬剤師転職|派遣会社を介して働く人が規制緩和の後、増えています。

  • 派遣会社を利用して働く人がだんだんと増加しています。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、どのくらいの額(あるいは比率)、自分に入るのかを極力面接の際に確認しておきましょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその対価としてお金を手数料を徴収する形を取っています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがほとんどです。5割以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらしないところも多く、酷い派遣会社では、3割しか労働者に還元しないというケースもかなりあります。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、できるなら別の派遣業者のもとで登録されることを推奨します。