転職する場合の面接で100%追求されることが前職を退職…

薬剤師転職|転職時の面接で必ず聞きだされることが前の職を辞職し・・

  • 再就職をする時に面接で絶対に尋ねられるのは前の職場を辞めた原因ですが、このような質問になった際には話の内容を前職のことにしない方が安心です。前職を退職するに至った経緯を的にしてしまうと絶対に良くない面を取り込んだ内容になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を辞めたのかという事をぜひともこの職場に入社したかった理由があるといった話にするべきであり、入りたい会社に話の中心を持っていきましょう。今面接をしている会社のことであれば好印象を与えることができる辞職の理由に聞こえます。
  • 薬剤師転職|自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。

  • 自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私の実体験なのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、かつては、飲食店(レストラン)で勤務していた時期があります。そのお店での業務は、そのお店で任されていた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、不満もなく楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係に疲れてしまったのです。ということが理由で、職場を去ることにしたのですが、その結果、あんなに好きだった食べること、そしてその店で扱っていた食べ物すら嫌いになってしまい、似たような飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことですが、ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に自分自身と向き合ってから行動するべきです。
  • 薬剤師転職|生まれてはじめて転職を行う際、注意しなければいけない・・

  • 人生初の転職を行う際、心がけるべきことはなぜ現職を辞めたいかについてはっきりすることです。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきでしょう。問題を解消してくれそうな企業を決めることになります。社会に出てからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動を行っていくことから、時間・体力に余裕がないと難航します。明確な理由もない状態で転職を試みた場合、途中で挫折してしまうことがあります。絶対に転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動の開始は辞めておくのが賢明です。
  • 転職の際に現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職を目前にしているなら、今務めている会社を退社する時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、仮に自発的に退職届を提出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースでは失業保険をすぐさま受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく間違って退社の1日後から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因でハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、労働者側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてすぐさま失業保険が給付されます。