転職のための活動は企業とのやりとりというより採用担当の面接係員・・

転職のための活動は企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」との…

  • 転職活動といえば、企業そのものというより、どちらかと言えば面接係員との勝負ともいえるでしょう。面接で満足いく結果を出すために、先ずは面接が始まる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例えれば「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく望むのも大事でしょう。面接を通じて第一歩としてあなたの中身をくまなく見られるのでマイナスな印象につながる言動は注意し避けましょう。また良識ある社会人らしさが伝わるように、転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、かならず転職活動はかなり楽になります。

  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。

  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。勤務の初日に派遣会社の営業担当の方と就業先近くのコンビニエンスストアで合流する予定だったのですが、彼がどうしたことか約束をしたお店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思いコンビニエンスストアの中に入ってみると、営業担当者はこともあろうに雑誌売り場の前でしゃがみ込んで女性の裸が載ったグラビアページを開けて見ているのを発見!こんな担当者のお仕事なんてとてもじゃないけどできないことと判断し、その場で声をかけることなくこっそりとコンビニの外へ出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

  • 薬剤師転職|生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が非常に多いですが、それは誤解です。本当は、失業保険をきちんと受け取り続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、その上で、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンで職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。他方、本気で就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に顔を出さない場合は、ルールとして給付してもらえなかったり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために注意してください。

  • 薬剤師転職|転職期間中には、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活をしておく…

  • 転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を使ったり、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。転職先が決まり、いざ仕事を始めた際に、趣味に集中していたことでいつの間にか集中しやすい体質になっています。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、他の社員さんに比べると疲れない体になっているということを認識します。そんなわけで、退職後は自分が興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。転職が決まり、職場であなたと同じ趣味の方と知り合えたなら、話が盛り上がるので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。