転職のときに行われる面接というのは、中小企業だった…

薬剤師転職|転職時の採用面接では、中小企業だったらおおよそは人事担当者になりますが、…

再就職をする時に受ける面接では、中小企業クラスの場合、ほとんどは「人事」が面接担当になりますが、それ以外の場合もあるようです。実際に一緒に仕事をする管理職、一言でいえば管理職である部長や課長が面接する可能性も考えられます。とりわけ、営業系や事務系などのジャンルでは、資格を通じた判断がしづらいので、しっかり自分という人物をアピールすることで好印象を与えられます。面接担当者たちから「この人は、堂々と発言してるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと転職活動したことで気付かされました。私は結婚生活が落ちついたら、なるべく早く子供を授かりたかったので、子供ができるまでの期間のために1年半~2年くらい今の職場で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、給料は安かったですがそれでも時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。が、入社したあとに、一緒に働く人たちの大多数が派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。結論として派遣社員といえども、すぐ辞められる雰囲気もなく、困ってしまいました。

転職エージェントと転職サイトを用いて、転職活動することは現在の常識かもしれません。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、その上に転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、そこに足を運ぶことによって複数の企業の情報に触れることができ、それだけでなく、その場にいるスタッフ(説明員)から、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。転職フェアに行くときには、面接だと思って良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それによりフェアに参加している間に、自分の魅力が企業に伝われば、その後の実際の面接時にとても有利になると期待できます。

薬剤師転職|就職のため職探しをするときに気を付けたほうがよい求人の募集内容は…

就職活動に注意すべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。こういった募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが少なくありません。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の内容に時間が併記されているものです。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、最初から給料形態に残業代を入れておく、といったものになります。(ちなみに、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代20時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代も含めてこの給料です」ということになるわけです。ですが、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』という言葉がない場合もあるので、よく注意をしておきましょう。