転職の面接などの場面で名刺を手渡してきたら、同じようにあなたも名刺を…

再就職の面接などにおいて名刺を差し出された場合、同じようにあなたも名刺・・

  • 転職における面接などに関して名刺を差し出してきたら、あなたも相手の方に名刺を差し出すべきであるのか?と悩んだら、大体の場合は差し出すことはないと理解しておいてください。面接に関して言えば仕事内ではなくて、就職活動の一部であるわけですから、ほとんどは名刺を交換する時ではありません。それに、あなたは会社の者として出向いているのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。ですから、もし相手から名刺を差し出されても、こちら側は受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手にあげる責任は必ずしもないと考えられます。
  • 就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

  • 就職活動において、年収は大変大事なポイントです。ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収を多く偽って、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげると、今の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことは普通はありません。現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくべきでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社できたのを退職しなければならないという事態になることもあるので、注意しましょう
  • 新しい転職先で、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。中でも、一年目の段階では大方「研修期間」が含まれているというのがことが考えられます。自分のときは、やっと転職したのに、悲しいかな以前の職場での年収とほぼイコールで変わりませんでした。そのうえ、仕事内容はとてもキツく、かなり責任のあるもので、二年目を迎えるまでひどく苦労しました。そういった体験から初年度は、仕事を覚える期間として捉え、なるべく転職するよりも前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 転職時の企業の面接に関して、してはいけないのは無理に…

  • 転職先での面接では、してはいけないのは採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりすることは、それがそのまま逆効果です。ですから、例に挙げるならば面接時は、「給与」など、多くの人がかなり聞きづらいことも勇気を持って率直に訊いておいた方が、結果的に自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終選考に採用されないのではないか」と懸念するかもしれませんが、ですが、意外なことに、良い結果をもたらす直結するといいます。こういった実は面接時に実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいえ、面接応募者の多くは、はっきりと聞けないものです。なので、あなたがあえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。